教職員組合とは

何をするところ?

 教職員組合の第一の仕事は,山梨大学に働く教職員の要求を組織し,労働条件・職場の労働環境の改善を進めていくことにあります.
山梨大学を誇りを持って働くことのできる職場にするために,組合員相互で学び合い,語り合い,つながり合う活動を進めながら,労働環境及び雇用条件などを良くするための交渉(団体交渉)をするのが,山梨大学教職員組合の基本的な使命です.

過半数代表者と組合の関係は?

 労働条件を規定した就業規則を改定したり,労働条件の変更をしたりするときは,事業場(甲府事業場と玉穂事業場)毎に労使交渉を行い,義を尽くすことが法律で求められてます.
労働組合に過半数の労働者が加入している場合は,自動的に交渉権が労働組合に存在することになります.
過半数に達していない場合は,各事業所で働く人の過半数の意思を代表する人間(過半数代表者)を選び,過半数代表者が集約した意見を持って理事会と交渉することになります.

 山梨大学の場合,両事業場とも組合加入率が過半数に達していないため,労働組合とは別に過半数代表者を選出し,理事会に対して労働者の意思を届ける形を取ることになっています.
労働者の過半数が加入した組合を「過半数組合」といいますが,山梨大学も働く教職員の自律的な努力を基礎に,誇り高き職場を創造していくためにも,「過半数組合」の実現は必須の課題となっています.
そのためにも,ぜひ山梨大学教職員組合に積極的に加入してください.

どんな活動ができるのですか?

 山梨大学教職員組合は,学部や職種の違いを超えて,働く教職員全てが対等な関係で議論し,職場の在り方を考えることのできる組織です.
組合員相互の交流を深めながら,より良い大学づくりを進めるため,次のような活動をしています.

身近なアカデミー

 最近の社会問題や研究に関わる話題について,教員・研究者が講演・話題提供をして皆で語り合う、ちょっとアカデミックな活動を継続的に展開しています.またここ数年は,疲れた身体をリフレッシュし,健康な身体づくりを実践する企画として「ヨガ教室」も実施しています.

レクレーション

 組合員相互の交流・親睦をはかる目的で,春や秋の日帰り旅行やバーベキュー,宿泊を伴うスキーツアーといった楽しい企画を計画し,実施しています.

職場懇談会

 常勤事務職員・非常勤事務職員・付属学校教職員・技術職員といった同じ仕事をする仲間同士で仕事上の話題を話し合ったり,交流したりする活動を「職場懇談会」という形で行っています.

組合員としてのメリットは?

 山梨大学教職員労働組合に加入すると,安全・安心で有利な「教職員共済」に加入したり,「労働金庫(ろうきん)」のローンを一般の方より低利の「組合員金利」で利用することが可能になるなど,働く人に有利な様々な制度を活用する権利を得ることもできます.


教職員共済

 教職員共済生協は,全国の国公私立学校で働く教職員が加入できる共済生協です.
非営利事業として展開する生協組織である有利さを活かして,自動車共済,火災共済,団体生命共済,年金共済,組合共済といった様々な共済事業を,一般の保険より有利な条件で利用することが可能です.

ろうきん

 労働金庫は働く仲間から預かったお金を,働く人のために活かすために作られた銀行です.
生活資金貸付,教育ローン,カーライフローン,住宅ローンなど,一般の利用者より金利の低い「組合員金利」で利用することができます.
もちろん,「組合員金利」を利用するためには,労働組合に加入することが条件となります.